スポンサード リンク
    


2009年01月01日

紅白歌合戦その他超多忙な羞恥心 with Paboに見た、里田まいのプロ根性。


明けましておめでとうございます。
2008年が終わり、2009年になりました。
大晦日の番組を観ていて、感じたことがあったので書きます。

人気ブログランキングをチェックして、続きを読む


歌手活動を休止する羞恥心、紅白に「羞恥心 with Pabo」として
出場を果たし、昨夜は、紅白の裏番組、「FNS2008年クイズ!」にも
紅白での出番の合間に生中継で出演するほどの大忙し。
そして、紅白でしっかり歌い終えた後は、フジテレビに移動し、羞恥心
としての歌い納めをしました。
この際、紅白と同じようにPabo、そしてヘキサゴン軍団で歌ったわけ
ですが、計6人のメンバーに関しては、大晦日当日はもちろん、年末は
ずっと超多忙なスケジュールだったはずで、その疲れも限界を超えて
いたと思われます。この6人の中で、本職が歌手だったのは、里田まい
のみ。他の5人が、最後、曲の合間に疲れた表情を時折見せていた中、
里田だけは最後まで笑顔で歌い続けていたのが、とても印象的でした。
カントリー娘。に途中から加入し、ハロープロジェクトの一員として、ずっと
人気があった頃のモーニング娘。らを見てきた彼女。紅白はもちろん、
年末のたくさんの歌番組に出られる喜びを誰よりも感じていたと思います。
どんなに疲れていても笑顔を絶やさない、「プロのアイドル」であることを
見せつけられ、そんな姿にちょっと感動してしまいました。

メインは羞恥心ですが話の中心は里田まいになったこと、それから、他の
5人が何も苦労していない、とか否定しているわけではないのでご理解を。

Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081231-00000507-sanspo-ent





スポンサード リンク




posted by 1043 at 16:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビあれこれ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック








×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。