スポンサード リンク
    


2009年07月22日

万歳三唱と怪文書


今日更新するなら、”皆既日食”だろ、と思いつつ、昨日の衆議院解散時に
行われた”万歳三唱”について、興味深いことをやっていたので、そちらを
書きます。

人気ブログランキングをチェックして、続きを読む




昨日から散々流れている衆議院解散のニュース、麻生総理を始め、特に
自民党の先生方(大臣以外は今は元先生?)に多く見られたのが、
万歳の際に両腕(両掌)を内側に向けて万歳をしていたこと。
「なんで万歳するのか?」とかはいろいろ書かれているので、改めて
書きませんが、この万歳の仕方について書かれたある文章がありました。
それは、、、

万歳三唱令(萬歳三唱令)
実はこれ、以下はWikipediaより、、、
万歳三唱の作法を定めた太政官布告と称する、1990年代に出回った偽文書
明治12年(1879年)4月1日施行の太政官布告第168号という趣旨の表記が
されており一見本物のように見えるが、該当する布告は存在しない。

この文章の中に、実施要領として、

基本姿勢は直立不動で、両手は指をまっすぐ下方に伸ばし体の側面にしっかり付ける。
万歳の発声とともに右足を半歩踏み出し、同時に両腕を垂直に高々と挙げる。
その際、両手の指をまっすぐに伸ばし両掌を内側に向けておく。


とあります。
どうも、これが浸透しているのではないだろうか、と思わざるを得ません。
普通に万歳をすれば掌は前を向くでしょう。しかし、これは”降参”に見えて
ダメだ、と、万歳と言えば、有名な専門家集団、早稲田大学バンザイ同盟
方々は仰っており、正しいバンザイを披露されていました。
それによると、腕は真っ直ぐではなく頭上で丸くし、ポイントは笑顔だそうです。
このバンザイと国会という場での万歳は違うでしょうけど。


BANZAI(初回限定盤 DVD付)BANZAI(初回限定盤 DVD付)
木村カエラ 木村カエラ avengers in sci-fi

コロムビアミュージックエンタテインメント 2009-05-08

Amazonで詳しく見る
by G-Tools






スポンサード リンク




posted by 1043 at 19:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビあれこれ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック








×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。