スポンサード リンク
    


2009年09月27日

「餃子の王将」発祥の地、復活!!


「餃子の王将」の創業1号店である四条大宮店が9月25日に新装開店
しました。

人気ブログランキングをチェックして、続きを読む


 → http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090924-00000618-san-bus_all

ニュースの記事を読んでもらえばよく分かりますが、昨年、店舗が入っていた
ビルが取り壊され、一時閉店となっていましたが、その敷地を買い取った上に
自社ビルを建て、今回の新装開店に至ったわけです。
土地勘のない方には分からないと思いますが、かなりの額が必要な場所です。
まあ、「餃子の王将」は儲かってるから、、、
と誰もが思うでしょうし、その一端を担ったのが「アメトーーク!」であり、その
中心となったのが多くのよしもと芸人たちであることも有名な話でしょう。
ですが、「餃子」と言えば「王将」と軽く捉えないで下さい。
今、書いているのは、「餃子の王将」というお店の話ですが、「大阪王将」という
存在も忘れてはいけません、と言うより、関西以外の人の多くは両方を混同
している場合が多々あります。例えば、

 → http://ameblo.jp/rola-chan/entry-10295100578.html

彼女自身は日本人でないから仕方ないでしょうが、コメント欄で混同している
人がいて、そのコメントに他の人が同じコメント欄内でツッコんでいる状態です。
それくらい、この2つの王将は別物である、という認知度は低いのです。
しかも、「大阪王将」では吉本芸人を宣伝担当として正式に起用しています。

 → 大阪王将餃子宣伝部

こんな状態なのでなおさらです。
「餃子の王将」は芸人たちが勝手に盛り上げた
のに対し、
「大阪王将」は芸人たちに盛り上げさせている
ということです。
”王将”=「餃子の王将」
で、必ずしもないということで、”王将”へ行く時はよく確認して下さい。
「餃子の王将」と言えば、いろいろな店舗があることでも有名です。
関東の人にはピンとこないと思いますが、関西方面では郊外の大型店舗が
多く、広い駐車場に広い店舗、店内は6人とか8人で座れるテーブルが座敷に
なっています。メニューも店舗オリジナルでユニークなものが多々ありますが、
中には店舗の形態自体がユニークなものも。

  

  

京都府八幡市、国道1号線沿いでここもとても大きな店です。

  

何が言いたいのかよく分からなくなってしまいましたが、”王将”に行く時は
よく確認して下さい、ということです。




スポンサード リンク




posted by 1043 at 08:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースネタ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック








×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。