スポンサード リンク
    


2007年02月09日

松坂大輔の強い味方、スーパーエリートイケメン通訳ってどんな人?


一部で話題になっている、らしい?ボストン・レッドソックス、松坂大輔投手の
専属通訳、星野真章さん。
イケメン&スーパーエリートと呼ばれるこの方、どんな人なのでしょうか?

人気ブログランキングをチェックして、続きを読む


「松坂大輔専属スーパーエリートイケメン通訳」その正体は、

・名前:星野真章
・年齢:26歳
・出身:カナダ・バンフ…かなりの田舎らしい

・ハーバード大学卒業
 ・・・ジョン・F・ケネディをはじめ米大統領7人、ノーベル賞受賞者を多数輩出、
   かのビル・ゲイツも卒業生である。大学自体が預金額約1兆8千億円もの
   資産を持つお金持ち大学

卒業後、超一流企業が集まるニューヨーク・ウォールストリートで勤務を経て、
ヘッドハンティングによりレッドソックスへ。
学生時代を過ごしたボストンも熟知し、英語も流暢な彼は早くもアメリカのマスコミ
から大好評だそうで、「通訳のおかげで松坂がナイスガイだと分かった」と絶賛
されている。

星野氏のエピソードを調べていると、彼の友人で、スノーボーダー兼コラムニストの
ハロルド・ミヤモトさんという方のブログに出会いました。
もの書きだけあっていろいろなことを書かれているブログで、ブログ名もちょっと
表記するのに躊躇するくらいです。興味がある方は覗いてみて下さい。

そのブログにある、星野氏のエピソードを少し。
日本にいた時に出荷の手伝いをしてもらった際、倉庫のおっちゃんに「なんだ!
そのガムテープの使い方は」と怒られていたが、幼い頃から神童と呼ばれ、蝶よ花よ
と可愛がられて育ってきたためか、これまで人にこんな感じで怒られたことがなかった
らしく、最後にそのおっちゃんに褒められたのが今までの人生で3本の指に入るくらい
うれしかったとか。
最近では、松坂投手と通訳としての契約後にキャッチボールをしたらしいですが、
一生懸命投げ返したにもかかわらず、「なんだ!おまえのそのスローカーブは」と
松坂投手に笑われたそうで、今はキャッチボールを特訓中だそうです。

 → ハロルド・ミヤモト氏のブログ記事を読む











スポンサード リンク




posted by 1043 at 20:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースネタ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック








×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。