スポンサード リンク
    


2007年02月14日

またねつ造!?フジテレビ「トリビアの泉」でやらせ疑惑。


フジテレビのバラエティー番組「トリビアの泉」の企画「雑種犬の能力検証」で
飼い主ではない動物プロダクションの社長を、飼い主であるかのように放送
していたことが分かった。

人気ブログランキングをチェックして、続きを読む


NPO法人「動物実験の廃止を求める会(JAVA)」の指摘によるもので、
フジテレビは、番組は2005年9月14日に放送された。
コーナーでは「飼い主が突然倒れ、苦しみ出したら犬はどうするか?」を、
100匹の雑種犬を対象に調査したが、そのうちの1匹は実際の女性の
飼い主はでなく、その犬の所属する動物プロダクションの男性社長が出演
したという。また、倒れた男性社長の上に乗った犬をうまく撮影できなかった
ため、社長の衣服の中にドッグフードを入れて撮影したとも。
フジテレビ広報部は、「社長を”飼い主に準じる人”と判断した。”やらせ”、
”ねつ造”とはまったく違うものと考えている。しかし、反省すべき点は反省
したい」とコメントしている。
しかし、JAVA側は「飼い主ではない社長を飼い主に仕立て上げたことなどは、
”やらせ”以外の何ものでもない」と批判している。

「あるある」のことがあった後だけに”ねつ造”、”やらせ”などは、今、
世間もとても敏感に反応する時期ですから、考え方の違いであっても、
こういう事実があれば、批判を受けることは仕方ないのかもしれませんね。
それにしても、2005年とはまた随分前の放送分を引っ張り出してきたもの
ですね。先日のスペシャルでもこの手の企画をやっていたので、その時のこと
だと思いましたが。。。











スポンサード リンク




posted by 1043 at 15:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビあれこれ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック








×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。