スポンサード リンク
    


2007年03月01日

「さんまのまんま」放送1,000回にビートたけし。


明石家さんまがパーソナリティーを務める関西テレビのトークバラエティー
「さんまのまんま」が、放送1,000回を迎える。

人気ブログランキングをチェックして、続きを読む


記念すべき区切りの放送には、ともにお笑い界を引っ張ってきた盟友・
ビートたけしが登場。2月28日、都内で行われた収録では、時価188万円も
するという番組がスタートした1985年の高級ワイン、ロマネ・コンティで乾杯し、
番組の原点ともいえるフリートークを繰り広げた。

たけしが「(ワインに)山梨って書いてねぇか?」と振ると、さんまは、「この
スタッフはやりかねないけど、今は(関西テレビは)ねつ造しないでしょう」と
絶妙なトークを展開した。
2001年10月、2003年正月に続き3回目の出演となったたけしだが、酔いも
あってか「M-1見てるとジェラシーがある」といったまじめな話から、「娘が
ターキーレストランのショータイムに踊ってた」という自爆話まで大サービス。
お笑いタレントとしてのパワーを存分に見せつけた。

番組は1985年4月8日にスタート。当時26歳だった榊原郁恵がゲストで出演
した第1回から数えて、今年で22年が経ち、延べ1,500人のゲストが出演した。
関西地区では最高視聴率31.8%を記録したこともある。
観客からは「1000回おめでとう」と祝福されたに対し、、さんまは「これで
最終回ということで…」と返し、「だって1000回も続くのおかしいもん」と。

この放送は「1000回スペシャル」として、関西系で3月23日、フジ系で4月6日に
放送される。

Yahoo!ニュースより
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070228-00000025-dal-ent

さんま、たけしと言えば、80年代の漫才ブームの中心的存在。
「オレたちひょうきん族」とか、もうあんなお化け番組は生まれないんでしょうかね。













スポンサード リンク




posted by 1043 at 14:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビあれこれ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック








×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。