スポンサード リンク
    


2007年04月02日

紳助・竜介、最初で最後のDVD。


昨日、島田紳助が、昨年4月1日に脳出血のため49歳で死去した相方・
松本竜介さんの一周忌番組となったフジテレビ系「今日は松本竜介の
一周忌やねん!」に出演した。

人気ブログランキングをチェックして、続きを読む


5月30日に“紳竜”としては最初で最後となるDVD「紳竜の研究」を発売
することを発表した。


アール・アンド・シー 2007/05/30
Amazonで詳しく見る 
Ads by Amac


コンビ結成から解散、そして竜介が亡くなるまでの足跡を当時の映像や
関係者の証言などを交えて全250分間に収録。二度と結成されることのない
伝説のコンビの貴重な作品で竜介の“遺作”となる。
紳助は「竜が元気な時は、こっぱずかしくて(発売を)拒否していたんですけど、
竜が亡くなったからね。久しぶりに竜と仕事をしている気分になりましたよ。」
と、感慨深げな表情を見せた。元相方との最初で最後となるDVD、その内容は
盛りだくさんである。結成から解散、そして竜介が亡くなるまでの足跡をたどり、
2人が最も輝いていた1980年から82年までの3年間で二度と公開されないで
あろう奇跡的な漫才映像や、2006年3月に竜介が倒れ、その際、沖縄から
病院へ向かう紳助を追った秘蔵映像も収録されており、島田洋七、洋八や
オール巨人ら関係者の証言を交えながら紳竜が駆け抜けた時代を振り返る。
さらに紳助が今年3月にNSCで一度だけ開催された貴重な特別限定授業
「本音の芸人論」も収録されているという。

Yahoo!ニュースより
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070401-00000022-dal-ent

もうあれから1年ですか。もちろん2人の漫才をじっくり見てみたい、という思いも
強いですけど、それ以上に、私的にはNSCの特別授業「本音の芸人論」にものすごく
興味があります。











スポンサード リンク




posted by 1043 at 17:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースネタ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック








×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。