スポンサード リンク
    


2007年04月24日

ムーディ勝山新曲限定配信。


吉本興業の史上最大のお笑いフェスティバル「LIVE STAND 07」で、
「右から左へ受け流すの歌」で大ブレーク中のムーディ勝山の新作”鼻歌”が
来場者限定でダウンロード配信されることが分かった。

人気ブログランキングをチェックして、続きを読む


同フェスには、間寛平も“歌手”として登場が決定。吉本の新旧コミックソング
競演が実現する。
ムーディ勝山の鼻歌「右から左へ受け流すの歌」は、今年1月から携帯電話の
着歌として配信が始まり、現在までほぼ3ヶ月間で約76万件のダウンロードの
大ヒットを記録。ムード歌謡のようなメロディーに乗せた鼻歌は、異常なブームと
なっている。その人気に乗って、今回のイベントでも目玉の一つとして起用。
新曲の鼻歌は「窓から虫が入ってくるのを気にしない女の歌」と題し、来場者
限定に配布される「スケジュールカード」でダウンロード配信の方法が発表される。

ムーディ勝山は、梶剛と2005年7月に勝山梶のコンビを結成。
大阪の若手芸人の劇場「baseよしもと」を中心に活動し、鼻歌のネタはイベント
などで演じていたが、昨年秋に芸人仲間の結婚式の二次会に出席し、鼻歌を
披露したところ大ウケ。出席者の吉本社員から人気が広がった。
テレビ出演→着歌→大ブレークと、その出世のスピードは吉本内部でも
「レイザーラモンHGの再来」とささやかれているほど。RGが人気に便乗したのに対し、
こちらも相方が「メロディー梶」を名乗り、同様の作戦を展開している。
「勝山梶」は同フェスに3日間とも出演する。

 → ムーディ勝山ワンマンショー in ちちんぷいぷい

29日には寛平がメーンステージに立ち、新旧のコミックソング競演となる。
寛平は2002年には同じ場所で、音楽の「サマーソニック」に出演したが、今回は
レゲエやロックではなく、コミックソングの大御所として登場。当日は「アメママン」、
「へびおんな物語」、「ゲイボーイブルース」、「なめくじ君」など久々に過去の名曲を
披露する。

 → LIVE STAND 07公式サイト

以上、Yahoo!ニュースより
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070423-00000027-dal-ent

来場者限定ですか。どこかから漏れて聴けるのを楽しみにします。











スポンサード リンク




posted by 1043 at 14:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースネタ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック