スポンサード リンク
    


2014年07月08日

CBC「ゴゴスマ〜GoGo!Smile!〜」正しい暑中見舞いの書き方・7月8日放送

7月8日放送「ゴゴスマ」で気になったことのメモ。

お母さんのための林修教室
○正しい暑中見舞いの書き方


人気ブログランキングをチェックして、 続きを読む


○正しい暑中見舞いの書き方

暑中見舞いとは…
お盆に里帰りする際に先祖へお供えものを持参
→ お世話になった方への贈答習慣に → お中元として
さらに簡略化され
→ 手紙で済ませる
→ 暑中見舞い


いつ出す?

二十四節気
小暑…およそ7月7日頃〜7月22日頃
大暑…およそ7月23日頃〜8月6日頃

暑中=暑のうち(小暑〜大暑のうち)
・小暑から大暑の内(7月7日頃〜8月6日頃)→ 暑中見舞い
・大暑以降(8月6日頃〜)→ 残暑見舞い


やってはいけない、よくある間違い

・誰にでも「暑中お見舞い」と書いてはいけない
「見舞い」とは…目上の人が目下の人に対してするもの
目上の人へ出す場合
→ 「暑中お伺い」とする

・句読点や段落をつけてはいけない
文章に句読点や段落をつける…読みやすくしてあげますよ、という意味を持つ行為
暑中見舞いや年賀状などの挨拶状で、目上の人に対して使うのは失礼なこと


書き方

・暑中見舞い(伺い)の挨拶
・相手の安否を気遣う言葉
・自分の近況など
・相手の健康などを祈る言葉
・時候(例.盛夏、仲夏など)


文例

 暑中見舞い文例


暑中見舞い、いつ出すの?今でしょ!






スポンサード リンク




posted by 1043 at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビあれこれ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック








×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。