スポンサード リンク
    


2014年09月08日

フジテレビ「ノンストップ!」オトナのお作法・9月8日放送

「ノンストップ!」再発見!オトナのお作法
○間違えやすい敬語としぐさ


人気ブログランキングをチェックして、 続きを読む


○間違えやすい敬語としぐさ

敬語とは…
・一人前の大人なら使わなければならない言葉
・人間関係を構築するときに相手を不愉快にさせないための言葉


Q.義理の両親との会話で間違っている敬語は?
間違いは1つ

@ご無沙汰しております
Aよくお越しくださいました
Bおかげさまで元気です!
Cどうぞお上がりください
Dとんでもないことでございます
Eそちらにお座りください
Fどちらになさいますか?
Gかしこまりました


【正解】
Eそちらにお座りください
「お座り」…目上の人には使わない方がいい(犬などにも使う言葉なので)
正しくは
→ お掛けください」…ソファなど腰掛ける場合
和室の場合は「どうぞお入りください」


間違い敬語@
「どちらにいたしますか?」

正しくは
→「どちらになさいますか?」
「いたしますか?」は謙譲語
「〜いたす」は「〜する」の謙譲語
・自分の立場を低める敬語 自分の動作に対して使う
・お客様に対して使う言葉ではない


Q.座り疲れてきたときの正しいソファでの座り方は?
(義理の両親の前で明子さんがする場合)
 オトナのお作法@

@足先を右側に流す
 オトナのお作法A
A足先を左側に流す
 オトナのお作法B
B左右どちらに流してもよい
 オトナのお作法C


【正解】
@足先を右側に流す

足先を流すことは失礼には当たらない
しかし 上座の方に足を向けるのは失礼


近藤先生流 正しいお辞儀
・傾きは約60度(目上の人とのあいさつの場合)
・目線は1〜1.5m先
・手は体の横にして指先をそろえる

それ以外で…
Q.目上の人とのお辞儀で気を使うべきしぐさとは?


【正解】
頭を相手より早く下げて 相手より遅く上げる
→ 相手に挨拶されている状態になるのを防ぐため
相手が頭を上げたとき 自分が先に頭が上がってしまっていると気持ち的によろしくない
※ゆっくり上げながら相手の頭が上がるのを伺うとよい



・講師
「清紫会」新・作法学院 学院長
近藤珠實先生
作法を研究して45年 3000人の生徒に作法を指導










スポンサード リンク




posted by 1043 at 12:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ノンストップ!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック








×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。