スポンサード リンク
    


2014年10月27日

フジテレビ「ノンストップ!」オトナのたしなみ・10月27日放送

「ノンストップ!」
人に教えたくなる!オトナのたしなみ
○ワインとおつまみのたしなみ


人気ブログランキングをチェックして、 続きを読む


昔の人なら当たり前にできていた…オトナの心遣い
次の世代に伝えることはできている?
オトナなら知っておきたい「たしなみ」
知っていれば友達から「へぇ〜」と言われる知識


たしなみチェック
Q.値段の書かれていないメニューが出たらどうするのがオトナのたしなみ?

@堂々と値段を聞く
A大体の予算を告げて料理を注文する
Bあえて値段を聞かずに料理を注文する


【正解】
Bあえて値段を聞かずに料理を注文する
多くの高級レストラン
・値段が記載されたメニュー
・値段が記載されていないメニュー
2種類ある → ホストがゲストに気を使わせない配慮


ワインのたしなみ
ワインの種類
・赤ワイン…肉料理
・ロゼ…様々な料理と相性が良い
・白ワイン…魚料理

◎初心者でもおいしいワインが頼める便利な言葉
「ロゼの辛口スパークリングワイン」

なぜ?
「ロゼは赤と白の間 とてもかわいいロゼの色と 泡によってのどごしが爽やか 食欲もそそられる 辛口にしておくと どんなお料理にも合うんです」
「日本ではロゼってあまり注目を浴びてないんですが 実は フランスとかヨーロッパでは 今 流行の兆しがあるんです」
→ 先取りしてると思われかも!?


ワインを注いでもらうときのたしなみ
Q.ワインを注がれたときどうするのがオトナのたしなみ?

@グラスを軽く浮かして真っ直ぐに持つ
Aグラスを斜めに傾けて持つ
Bグラスは置いたまま


【正解】
Bグラスは置いたまま

「日本にはお酌の文化があるので ついついグラスを持ち上げてしまうんですが ワイングラスやシャンパングラスのというのは置いて 笑顔で注いでもらうのを待っているといいですね」
「サービススタッフは立ってサービスをします 重いボトルを持って片手でサービスするのがマナーと言われていますので (受ける側が)持ち上げてしまうと もっと高い位置から注がなくてはいけなくなりますので スタッフへの心遣いということです」
「女性など(置いたままのグラスに)手を添えるのは 相手への心遣いで ありがとうという気持ちの現われですから いけないということはないですね 持ち上げてはいけないということです」


たしなみチェック
「おつまみ」編
Q.イタリア料理のコレは何?
 オトナのたしなみ@

@パスタフリット
Aグリッシーニ
Bナポレオンスティック


【正解】
Aグリッシーニ
グリッシーニ…イタリア・トリノ発祥のおつまみパン
あくまでも「パン」なので手でちぎって食べるのがマナー
「ナポレオンの小杖(こづえ)」とも呼ばれる…皇帝ナポレオンもほれたという説


旬の「生牡蠣」のたしなみ

スマートなカキの食べ方
@左手で殻を押さえてナイフで貝柱を切離す
※生牡蠣の食べ方ポイント…ゆっくり滑らせること
→ 勢いをつけると 汁気が飛んだり 身が飛んだりするので注意
Aフォークに持ち替え 身をすくえばOK
お皿の上に牡蠣が複数ある場合…レモンを全部に絞るのはNG
→ レモンは1つ食べるごとに手のひらで覆うようにして搾る

おつまみの定番「チーズ」のたしなみ
Q.チーズの盛り合わせをおいしく食べる順番は?
@匂い・少 → やわらかい → カビや匂い・強
Aやわらかい → 匂い・少 → カビや匂い・強
Bカビや匂い・強 → やわらかい → 匂い・少


【正解】
Aやわらかい → 匂い・少 → カビや匂い・強

「チーズはフランスでは村の数ほどあると言われておりまして 数百種類あると言われいます そのいろいろなチーズを楽しむためには何を口に運ぶか 順番がとても重要になるんです ワインも軽いものから重いものに進んでいきますよね 同じようにチーズも あっさりしたものから旨味の濃いものへ進んでいきます」
「硬いものは旨みが詰められている 凝縮されていると言われていますので やわらかいものから そして匂いのないもの そして旨味の強い匂いのあるものと食べていきます」
ポイント
やわらかいチーズから硬いチーズへ順番に食べる

チーズを手で食べるのはマナー的にどう?
「手で食べてもいいんですが あまり上品には見えませんので フランス人はほとんどフォークを使って食べます」

丸皿チーズ5種の食べる順番
 オトナのたしなみA

「西洋料理では 平らなお皿・円形の丸いお皿の場合 左手前から食べていきます 反時計回りに基本的には左側に… (スタートは)7時と覚えておいて下さい」
→ この食べる順番はチーズに限らない
「自分の好きなものをポツポツと食べてしまいますと 空きができてしまって見苦しいですから 基本的には左から順に…」



・講師
作法家
三枝理枝子先生
VIP(首相・国賓)フライトにも乗務した元キャビン・アテンダント










スポンサード リンク




posted by 1043 at 12:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ノンストップ!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック








×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。