スポンサード リンク
    


2015年02月03日

TBS「ひるおび!」常識クイズ!どっちがホント?「誕生秘話」編Part25・2月3日放送

○常識クイズ!どっちがホント!?
 意外と知らない「誕生秘話」編Part25


明治時代に行われた改暦
旧暦(太陰太陽暦) 1872年(明治5) 12月3日

新暦(太陽暦) 1873年(明治6) 1月1日

これを踏まえて…
Q1.明治時代 旧暦(太陰太陽暦)から新暦(太陽暦)に変えた大きな理由はどっち?

 A 天変地異が続いた
 B 政府の財政難


Q2.1964年(昭和39) 東京の埋め立て地で 人が殺到した驚きの出来事はどっち?

 A 小判がザクザク出てきた
 B 大量のマグロが打ち上げられた


人気ブログランキングをチェックして、 続きを読む


【正解】
Q1.
B 政府の財政難

改暦は政府の財政難!?
旧暦 1年が約354日
↓ (3年で約1か月分のズレが生じるため…)
19年に7回の割合で閏月を設けていた…閏月がある年は1年が13か月あった

翌年に閏月を控え 財政難の政府に頭を悩ます問題が…

閏月がある年は13か月分の役人の給料を支払わなければならなかった
そこで政府は…
12月3日に改暦すれば 12月分の給料は支払わなくていいし 来年も12か月分の給料で済む
→ 計2か月分の給料を節約できるという思惑が

布告から施行まで1か月もなかったスピード改暦
↓ (多くの人が混乱)
「頒暦商社(暦の販売)」はすでに翌年の暦を販売 急な改暦で業者には返品の山 現在の10億円近い損害が出た


Q2.
A 小判がザクザク出てきた

1964年(昭和39) 東京でゴールドラッシュ!!
 東京でゴールドラッシュ!?
事の発端は…
江東区深川有明町(現・有明コロシアム周辺)の埋め立て地で 中学生が江戸時代の慶長小判15枚を発見

お宝発見のニュースは世間をにぎわせ連日多くの人が…
(VTR)
立ち入り禁止の札を立てても 警察が注意しても → 効果なし
発見された小判は…計35枚
→ 小判は土地を所有する東京都と発見者で分けられた

なぜ埋立地から小判が!?
推測されるのは…「小判運搬船沈没説」
・江戸時代 東京港は水深が浅かったため 大型船は小型船に荷を移し運搬 その際 千両箱などを落としたか小型船が沈没するなどして小判が海底に
↓ (数百年の時が流れ…)
臨海部の埋め立てに海底土砂が使われたため 小判が発見された
(東京みなと館 取材)



・解説
作家・雑学王
唐沢俊一さん










スポンサード リンク




posted by 1043 at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひるおび!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック








×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。