スポンサード リンク
    


2015年02月16日

フジテレビ「ノンストップ!」暦のたしなみ・2月16日放送

「ノンストップ!」
人に教えたくなる!オトナのたしなみ
○暦のたしなみ


人気ブログランキングをチェックして、 続きを読む


知っていれば友達から「へぇ〜」と言われる知識
人に教えたくなる!オトナのたしなみ
○暦のたしなみ

カレンダーに書かれている日付以外のもの
 暦

もう一つの日付→旧暦
・旧暦…明治時代以前に使われていたい昔の日付
当時の日付は“月の満ち欠け”が基準
月の1日目…「新月」 3日目…「三日月」 15日目…「満月」
昔は月の満ち欠けで月日を数えていた

たしなみチェック
Q.旧暦が今も重用な役割を果たしている職業とは何か?

@漁師
A登山家
Bパイロット


【正解】
@漁師
月の動きは潮の満ち引きに関係 新月と満月の日は海が荒れやすい


Q.「立春」と言い 暦の上では春なのになぜ寒いか?

@昔の「立春」の頃はもっと暖かかったから
A立春は「寒さのピーク」でこれから暖かくなるから
B立春は「一番日照時間が短い」日でこれから長くなるから


【正解】
A立春は「寒さのピーク」でこれから暖かくなるから
立春
・「春が始まる」意味
・寒さのピーク
→ 徐々に暖かくなる

冬至(冬)と春分(春)のちょうど真ん中 → ここからが春
ただ 実際は冬至が一番寒いわけでなく 立春の頃が最も寒くなっている

二十四節気(にじゅうしせっき)
・冬至を起点に1年を24に分ける
・農業を始める時期などの目安
・季節の指針

2月には立春と雨水(うすい)
雨水(2月19日ごろ)…雪から雨に変わるころ 農耕の下準備の指針

寒中見舞い
松の内(1月1日〜7日)が明けたときから立春の前日までに出す
立春以降 2月末に出す便りは…余寒見舞い


Q.本来の季節とずれてしまっている行事は?
(複数回答あり)

@ひな祭り(3月3日)
A端午の節句(5月5日)
Bお月見(今年だと9月末ごろ)


【正解】
@ひな祭り&A端午の節句
→ 旧暦の日付をそのまま新暦の日付に当てはめてしまった
ひな祭り…旧暦3月3日→新暦でいえば4月21日ごろ
端午の節句…旧暦5月5日→新暦でいえば6月20日ごろ
月見は満月に合わせるため毎年変わり ズレていない


カレンダーにある 先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口
Q.これらの文字の起源は?

@寺の日程
A昔の曜日
B占い


【正解】
B占い

六曜
先勝(せんしょう)…午前に勝負事をすると吉 午後は凶
友引(ともびき)…共に引き分ける日
先負(せんぶ)…午前に勝負事をすると凶 午後は吉
仏滅(ぶつめつ)…一切が成就しない 万事に凶
大安(たいあん)…万事に大いに安らかに 大吉
赤口(しゃっく)…正午ごろを除いて凶の日
※読み方いろいろあるので注意

→ 占いとして広まり今も使っている
六曜を付けることでカレンダーが広まったという説も…
もともと占いなので 気にする人もいるし気にしない人もいていい


・講師
暦の会会員
石原幸男先生
著書に「暦はエレガントな科学」

 









スポンサード リンク




posted by 1043 at 11:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ノンストップ!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック








×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。