スポンサード リンク
    


2015年02月24日

TBS「ひるおび!」常識クイズ!どっちがホント?「天気常識」編Part29・2月24日放送

○常識クイズ!どっちがホント!?
 意外と知らない「天気常識」編Part29


○○曇り
・高曇り…中層の雲が多いとき
・本曇り…下層の雲(雨雲)が多いとき
・花曇り…桜の咲く頃の曇り空
・鳥曇り…鴨などの渡り鳥が帰る頃の北国の曇り空

Q1.「薄曇り」はどっち?

 A 空全体が雲に覆われているが影ができる
 B 空の85%に雲がある


ナイアガラの滝 凍結(今月20日)
アメリカ北東部とカナダを襲った寒波の影響で 滝の大部分が凍結 気温は氷点下20度を観測

Q2.珍しい気象現象としてほんとうにあるのはどっち?

 A 地面から尖ったつららができる現象「アイスツリー」
 B 波が一瞬で凍る現象「アイス・ウェーブ」


人気ブログランキングをチェックして、 続きを読む


【正解】
Q1.
A 空全体が雲に覆われているが影ができる

晴れか曇りかは雲の割合で決まる
・空全体に対して
快晴…0〜10%
晴れ…20〜80%
曇り…90〜100%
(降水がない場合)
・予報官が見上げて判断(気象庁予報部)

「うす曇り」は晴れ
雲量が90%以上あって 上層の雲が中・下層より多い 降水がなく地形の影ができる
→ 天気予報では「晴れ」
気象庁
「日照があり 影ができる状態なので“晴れ”と言いたいが 薄い雲が空全体にあるので“うす曇り”」


Q2.
B 波が一瞬で凍る現象「アイス・ウェーブ」

氷筍(ひょうじゅん)
洞窟などでしみ出した水滴がゆっくり凍って氷の柱を作る現象
先端は融けるのと凍るのを繰り返すため丸まっている

2013年1月22日 長野・木崎湖
 アイス・ウェーブ

信州大学山岳科学研究所・鈴木敬助教授
「木崎湖の湖水が“過冷却”の状態になり 衝撃によって一瞬にして凍ったというのが一番有力な仮説」

過冷却とは…
水が氷点下になっても凍らず液体のままでいる状態
→ 衝撃によって固体化する

山形県蔵王地方で有名な「樹氷」も過冷却によるもの
→ 空気中の水蒸気が樹木にぶつかった衝撃で凍った

数十年に一度の奇跡 「アイス・ウェーブ」
長野県・木崎湖で撮影された波が一瞬で凍る現象



・解説
気象予報士
森朗さん








スポンサード リンク




posted by 1043 at 17:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひるおび!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック








×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。