スポンサード リンク
    


2007年10月26日

亀田興毅はマスコミに殺された、、、かもしれない。


亀田興毅は誰に謝罪をしたのでしょうか?

人気ブログランキングをチェックして、続きを読む




協栄ジムを始め、もう一度謝罪しろ、と再三会見を要求されて、今日26日、
一家を代表して長男・興毅が会見を行ないましたが、彼は誰に対して謝罪
する必要があったのでしょうか。
もちろん、反則行為を受けた対戦選手には詫びるべきですが、それも、
既に直接、大毅本人が自宅を訪れ、終えているはずです。また、ボクシング
ファン及びボクシングに携わってきた人たちへの謝罪は、前回の会見や
協会、ジムから受けた処分でもう十分でしょう。
少なくとも、今日の会見で執拗にいろいろなことを問い質していた、芸能
リポーターと呼ばれるような人間たちに詫びる必要などまったくない、と
思います。勝手にキャラクターを作りたて、負ければこれでもかと叩きまくって
視聴率のことしか頭にないマスコミにはもううんざり。

一つだけどうしても言っておきたいことがあります。
亀田興毅、彼はまだ現役のプロボクサー。そんな彼を「才能はある」と、
ある意味肯定しながら、今日の会見で浴びせまくったカメラのフラッシュ、
あんなことをしたら本当にボクサーの生命である目をダメにしてしまいます。
ジムの会長も含めて、叩かれている状況だから、とマスコミに迎合し過ぎ
です。あんな写真撮影は絶対に止めるべきだったはずです。
彼の目が無事であることを願います。
テレビや紙面でどれだけ批判しようが勝手ですが、選手生命を絶つような
行為を浴びせる権利など許されないと思います。
それだけはどうしても許せません。










スポンサード リンク




posted by 1043 at 19:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビあれこれ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック








×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。